品質管理

「安心・安全」を形にするためには、緻密な品質管理が不可欠です。
さかもとでは、ちりめんじゃこをはじめとする全ての製品の製造工程について、
厳格なリスク管理を徹底しています。
長年の経験により蓄積した「原料の目利き」に加え、適切なリスク分析に基づいて構築した品質管理を確実に履行する事で、 素材の美味しさを100%の状態でお届けする事が可能になります。
この様な管理体制をベースに、さかもとの「安心・安全」は実現されています。

ISO22000認証を取得

より多くのお客様に、もっと安心して商品を召し上がっていただきたい

当社は、世界初の食品安全の国際規格であり世界共通の基準であるISO22000の認証を取得しました。 業界でもトップクラスのさかもとの品質管理は、消費者のみならず、取引先様にも大きな安心をお届けいたします。

ISO22000とは

ISO22000は、安全な食品を生産・流通・販売するために、従来のHACCPシステムとISO9001を総合的に包括した食品安全マネジメントシステムです。 一般的なHACCP(ハセップ)が主に工場における食品衛生管理に留まるのに対し、ISO22000は、 原材料の調達から消費に至るまでの全段階における安心・安全を確保する総合食品安全対策となります。 また、ISO22000は食品安全の世界初となる国際規格であり、また審査基準も世界共通であることから、信頼性の非常に高い食品安全基準として認識されています。

食の安全を支援する日本能率協会に加入しています

https://syokunoanzen.jma.or.jp/

食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム規格

https://www.jab.or.jp/iso/iso_22000_search/

ISO22000認証の意味する事

さかもとの全ての製品は、ISO22000の認証を受けた加工場で製造されています。
ISO22000システムは、非常に多くの取組みとそれぞれの相互連携を基軸とする、とても複雑なものになるため、なんだが仰々しいものに思えるかもしれません。

でも、たとえば手洗い。
作業エリアに入って食品に触れるには、可能な限り清潔な状態でありたい。 そのために、手洗い一つをとっても、12項目にも及ぶ実施基準を設け、全ての従業員が徹底しています。

食品に携わる者として、当たり前の事を誰よりも真剣にやる。私たちが世に送り出した製品一つひとつは、全社を挙げて食品安全に取り組んだ想いの結晶といえるのです。

製造の流れ

原料搬入

原料搬入

市場・産地から仕入れた原料は、専用の冷凍配送車により、品質低下を防ぐ最適温度で加工場に搬入されます。

異物除去・良品選別

  • 磁力選別
  • 振動選別
  • 風力選別

  • 色彩選別
  • 目視選別
  • 金属探知機

上記に加え、熟練の作業員による官能検査(食味・香り・色調・触感)も実施されます。 これら全ての検査をクリアした原料だけが合格品として採用され、以降の工程に送られます。 このような数々の検査を経て、美味しいちりめんは、「安心・安全な」美味しいちりめんになるのです。

異物除去・良品選別

パック工程

パック工程

さかもとでは、製造ラインを安易に全自動化する事なく、全てのパック工程に専門作業員の介入する余地を設けています。

その理由は、人間による確認こそが最高の「品質管理機能」であると考えており、一見すると非効率なこの作業が、 さかもとの品質を構成する最も大切な要素となります。

保管・出荷

それぞれの商品について、最適な温度で冷凍保管し、新鮮な状態を保ったまま冷凍配送車によって出荷します。

保管・出荷

どこよりも美味しく安全なちりめんじゃこを提供するために

Delicious and safety